満室で順調な時にやる対策|安心して任せたいならマンション管理会社はランキングで探そう

安心して任せたいならマンション管理会社はランキングで探そう

男性

満室で順調な時にやる対策

財布

リスクをチャンスと捉える

定年後の投資として賃貸経営が人気なのは、部屋が満室で順調な時には特にやるべきことがないからです。管理は管理会社に委託しておけば、他の仕事ができます。この点が株投資などとは根本的に違う所です。気をつけたいのは安心して将来の対策を立てないことです。ですから空室が出た時に、リスクと捉えずに賃貸経営を見直すチャンスと考えることが大事です。空室が出た時にはいかに次の入居者を募集するか戦略を練ります。戦略で最も必要なのが家賃相場のリサーチです。満室の時は考える必要はありませんが、空室が出ると家賃相場が気になります。このように考えることによって賃貸経営を停滞させることなく、次のステップへ進めることができます。空室が出た時に家賃相場についてリサーチしておけば、今後の対策に応用できるのです。

競合物件をリサーチする

家賃相場のリサーチで大切なのは競合物件を調査することです。それによって自分の物件を客観的に見ることができます。意外と満室の場合は相場よりも家賃が安いことが多いです。競合物件の方が家賃が高く、収益率も良い場合があります。そのような場合は空室の入居者を募集する時に、家賃を競合物件並に上げることも可能です。自分の物件を客観的に見ることで、家賃だけでなく管理体制などの優劣もわかるようになります。高い管理料を支払っているのに質が悪い場合は、改善要求できます。他の管理会社に変更することもできます。このように家賃相場をリサーチするだけで、色々な欠点や長所が見えてきます。将来的な経営を考えた場合、リフォームをする時期まで把握することができます。